60代で働いている熟女風俗嬢さん/人妻熟女風俗の遊び方

なぜ熟女さんは風俗で働くのか?60代で働いている熟女風俗嬢さんとは一体どういう女性なのか、60代熟女の魅力とは・・・。

人妻熟女風俗の遊び方 サイトマップ

60代で働いている熟女風俗嬢さん

風俗では早ければ40代から熟女と呼ばれますが、やっぱり熟女真っただ中といえば50代60代でしょう。その中でも60代女性は「完熟」と呼ばれることもある、世間的にも風俗的にも完璧な熟女です。

60代で風俗嬢として働こうと思ったきっかけや、どのような生活をしているのか、どんな熟女さんなのか。今回は働く完熟風俗嬢さんについて語っていこうと思います。

60代の風俗嬢は性欲と暇つぶし

風俗嬢の寿命、というと語弊があるかもしれませんが、風俗嬢は若ければ若いほど稼げます。若い女が好きな男が大半ですからね。

10代や20代はテクニックやルックスがそれほど良くなくても、リピーターが取れたりフリーで仕事を回してもらえたりしますが、30〜35歳くらいになってくるとパタッと仕事がなくなる子も多いのだとか。しかし反対に40代以上になってくるとジャンルが熟女に切り替わるので、若い女の子と勝負する必要がなくなり、案外仕事に困らないようです。

熟女風俗店の40代は、30代まで風俗嬢として働いていた女性も多いです。一方50代や60代の風俗嬢は、その歳にして初めて働く人と、40代あたりからずっと働いている人の二択が多くなります。その中でも60代の風俗嬢は風俗未経験の人も多く、完全なる初風俗デビューということになります。

なぜ60代にして風俗デビューをするのか、それは「性欲」と「暇つぶし」にあります。60代は下ネタに引いたりしないし、自虐ネタもOK、なのでとてもエロに寛容で興味津々です。自分より若い男のチンコを嫌う嬢なんていないでしょう。

そんな性欲と興味、そして有り余る時間を解消しながらお小遣いも稼げる。60代の完熟女にとって風俗は、自分の居場所と言えるのかもしれません。

美熟女が過去の栄光を忘れられずに

熟女風俗では、熟女本来のイメージとは少し違う「美魔女」がたくさん働いています。
綺麗なおばさん、という意味なので直接は言わない方が良さそうですが(笑)、要はスレンダーで若々しいおばさん臭さがない熟女ということです。

度々述べていますが、風俗では若さが一番の強みです。元々綺麗な女性でも歳を重ねてしまえば、女性として求められる機会は減ってしまいます。60代にもなれば男性から綺麗だねと褒められたり、身体を求められることもなくなるでしょう。

美魔女風俗嬢は、若いころモテた、という過去の栄光が忘れられずに、ちやほやしてくれる男を求めて風俗嬢になる、なんて経緯も多いんです。

いやいや、俺は綺麗な熟女なんて求めてない!そこらへんのスーパーで働いてるような普通のおばさんが良いんだ!という人も多いでしょう。安心して下さい、庶民的な熟女をウリにしている熟女店もありますから。

豊満熟女さんを選ぶのが正解

男性によって熟女に求めるものは違うと思いますが、多くの熟女好きが望むものとして「包容力」があります。これは精神的なものだけでなく、巨乳に包まれたい〜という肉体的な面もあるんじゃないでしょうか。

熟女といえば豊満な体型も魅力ですよね。好みはもちろん、プレイにおいても熟女を選ぶなら豊満熟女をおすすめします。思い切り甘えてプレイがしたいのに、スレンダーな美熟女だと緊張したり遠慮したり、またこちらが変に格好付けてしまったりして上手くいかないことも。

60代の熟女はスレンダーといえば聞こえは良いですがガリガリっぽくなってしまっている人も多いので、豊満なボディよりも萎える確率は高いです。それよりもお腹、太ももが多少でっぷりしていても肉感のある、おっぱいも期待ができるようなふとっちょ60代を選ぶのが正解だと思います。

もちろん好みにもよりますから絶対ではありませんが、変わったこだわりがない男性なら、明らかに写真の見た目が細い女性よりも少し太そうな人を選んでみましょう。

一番お得で楽しい人妻熟女風俗は・・・エステ!

人妻熟女というジャンルはただでさえお得に遊べるけど、やっぱりコスパ最強は風俗エステ!安い、安心、濃厚、淫乱・・・風俗初心者からマニアまで満足できるお店、探しに行きませんか?

人妻熟女にいやらしく癒されよう↓

エステドゥロア